その刀、もしかすると名刀かも?

日本文化を象徴する着物や神社、お寺や日本画など国内のみならず世界中のコレクターをうならせる名品たちの一つ、「日本刀」。
かつては武器として戦地でその身を、主君を、そして国を守るために使われていた刀ですが、今では美術品として価値の高いものもあります。
日本の刀というくらいこの国を代表するものですが、日本刀ってどんなものなのでしょう?

・日本刀ってどんな刀?

博物館やお城の展示以外であまり刀を見る機会って少ないのではないでしょうか?だから日本刀って言ってもピンとこないなんてこともあるかも知れませんね。
日本刀とは、片刃で刀身がなだらかな曲線を描き反り返っているのが特徴の刀剣で、柄の部分に家紋や紋様などが装飾されていたりすることもあります。
日本刀はその名の通り日本特有のものであり、実用性に長けていることはもちろん機能美に優れていること、その姿の美しさなど全てが高水準を満たしているからこそ武器としてだけではなく、今でも優れた技が詰まった美術品として世界各国にコレクターがいるほどなんです。
刀といっても江戸時代を境目に新刀と古刀に分けられ、平安時代から作られていた古刀は現代の技術でも再現は難度が高く、骨董品として状態の良いものは価値がとても高いとされているのです。

・価値の高い古刀

刀は平安時代から台頭し、天下五剣の一振「童子切」もこの時代に作られたものです。
日本史に詳しい方なら源頼光が酒呑童子を斬った刀というと親しみ深いのではないでしょうか。
刀は平安時代を経て武家が台頭する鎌倉時代に生産が活発になったのもこの時代の特徴なのです。
そしてあの名刀「正宗」が作られた時代でもあり、刀に命を掛ける職人もこの時代には多くいました。
その後の室町以降では数打と呼ばれる刀が大量に出回ることに。
大量に製作した粗末な刀剣であり、今までの真打と比べると価値も低いという特徴もあります。
多くが作者の銘を打たないものですが、鍛冶の一派がすべて同銘を入れることもあったとされています。

・新刀の時代

江戸時代に入ると、士農工商といった身分制度からもわかるように、武士の身分が高く刀も従来の製法とは違った製法で作られました。
それ以前の刀と区別して新刀と呼び、「村正」が作られた時代でもあります。
妖刀として名高い村正ですが、これ以降作られる刀は武器としてでなく、美術品としての価値が上回るようになりました。
銃の普及を受け、刀は儀礼用の軍刀という刀剣に姿を変えていき、武具としての日本刀の時代はこうして終焉を迎えたのでした。

・代表的な名刀

ですが、武器として活躍する時代が終わっても日本刀そのものがなくなったわけではありません。
代々受け継がれる宝として、または倉庫に眠る由緒正しき品として今もなお残っています。
とはいっても日本刀に詳しくない限りどんなものが名刀かわかりませんよね。

有名なところで言えば先ほど挙げた古刀を代表する「天下五剣」は外せません。
「童子切」をはじめとして「鬼丸」、「三日月」、「大典太」、「数珠丸」の五刀ですが、どれも現存し国宝や重要文化財として保管されています。

そして「村正」や「正宗」、「雷切」、「宗三左文字」など逸話が残るものや歴史を語る上では欠かせないロマンに溢れたものも有名ですね。
歴史に名を残す刀は作られた数からするとそれほど多いものではありません。
しかし、教科書に大きく載っていないだけで歴史の中で大きな役目を果たしたり、その時代を象徴する刀も数多くあります。
時が経って朽ちてその姿を消すものもあれば、未だ眠ったまま保管されているものもあることでしょう。

・買取の際に評価されるのは?

もし、家にそんな刀があるとすれば、もしかするとそれは名刀かも知れません。
短刀ばかりを作っていた刀工が唯一作った太刀である「一期一振」は、皇室に伝わる由緒ある刀として受け継がれてきたなど、あまり知られていない名刀もあるのです。
売却するかしないかはさておいて、もしその刀の価値が気になるのであれば一度査定にだしてみるのも良いかも知れませんね。

買取の際に評価されるのは四つ。
まず一つ目に作者やいつの時代に作られたか、製作地等の刀の制作背景です。
二つ目にサイズ。
大刀か脇差か、どのくらいの大きさでどのような意図で作られたかということです。
三つ目に細工の有無。
刀身部分だけでなく柄の部分や鞘などの拵えを確認します。
最後に状態です。
必ずしも状態が悪いものが高価な値がつきにくいといったことではありませんが、保管状態が良ければ良いほど高値になりやすいのも事実です。
ですが、贋作や偽物はもちろん査定対象外となるので、綺麗な状態でも良い値はつきません。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


銀座ブランド買取店ランキング


注目記事

  1. 2018.05.23

    もう一つの四月の誕生石

    誕生石は、ジュエリーやアクセサリーを持っていない人でも知っている有名なものではないでしょうか?具体的…
  2. 2018.04.19

    トレジャーハンターの実態!

    宝を持ったまま沈んだ船や、海中に眠る黄金でできた建物、金銀財宝が隠された黄金都市など、宝や金に関して…
  3. 2018.05.05

    ダイヤモンドの高額買取を狙うなら

    買取専門店といっても、ブランドバックや靴、洋服を買取してもらうだけのお店ではありませんよね。貴金…
  4. 2018.05.09

    ブランド品の買取価格はどんな基準で決まるの?

    宝くじが当選したり、生粋のお金持ちでない限りは毎月ブランドバックや洋服を購入し続けるのって難しいです…
  5. 2018.04.27

    買取の際に知っておくべき金属のこと

    ブランドバックや靴、洋服を売却するならリサイクルショップよりブランド買取専門店での買取がお得ですよね…