ルイ・ヴィトンを高く買取するために必要なことって?

女性だけでなく、男性からの人気も高いフランスのブランド「ルイ・ヴィトン」。
財布やバックなどの革小物から洋服、フレグランスやジュエリーまで幅広く展開しているのが特徴ですね。
自社だけでなく、他ブランドやデザイナーとのコラボ商品も発表しており、発売日には長蛇の列ができ抽選購入など若い世代にも支持されていると言えます。
そんなルイ・ヴィトンですが、まずは少し歴史に触れてみましょう。

・ルイ・ヴィトンって?

年代層を問わず身に着けられるデザイン、長年愛用できる品質の高さは1854年に創業したという150年以上の歴史の中で築き上げられてきたものです。
世界初となる旅行用鞄の専門店をパリで開いたことから始まったブランドは、カバンに留まらずブランドの息遣いが感じられる多様なアイテム展開が魅力的ですが、やはり何よりも人気なのはバッグや財布などの小物です。
レザーを使用したり、塩化ビニル、デニムやエナメルなど様々な素材を用いてブランドのアイコニックなアイテムたちを生み出してきました。
よく知られているのがモノグラムですが、ヴィトンの代表的なシリーズってどんなものが挙げられるでしょうか?

 

・代表的なシリーズは査定額も高い?

特に人気の高い「ダミエ」は、流行に流されない安定した人気を誇り、上質なエジプト綿にポリ塩化ビニールをコーティングしたモノグラムとダミエのシリーズは、軽い上に非常に丈夫で、防水性にも優れている万能な素材としてブランドの一番の特徴と言えるでしょう。
もちろん買取店舗や状態によっても異なり、これからも変化して行くかもしれませんが、今の水準のままであれば買取の際にも安定した水準を保っているため、安く買い叩かれるなんてこともないので安心ですね。

また、「アズール」や「ミニ・ポシェット・アクセソワール」などの形も市場で安定してきたと言えるので、査定の際にも安定した買取額を提示されるかと思います。
ですが、水準が安定しているからといって、どこで売っても変わらないなんてことはないので注意!買取をするのであれば1円でも高く、というのは基本ですね。
どのお店にも得意なブランドや買取強化ブランドがあり、買取実績などをみることでウェブでも確認できるのです。
もちろん一軒一軒回って査定をしてもらうのも一つですが、手間を省くためにも事前調査は必須と言えるでしょう。
また、面倒だからといってリサイクルショップなどにゲームや雑貨と一緒に売りに出しに行くのではなく、ブランドものは経験豊富なスタッフがいるブランド買取専門店で必ず売却するようにしましょう。

・女性ものと男性もの、どちらがより高く売れる?

ルイ・ヴィトンに限らず、レディースとメンズ両方を展開しているブランドでもまだまだ女性の方がブランド志向が強く、そのため買取の際にも高額になりやすい傾向があります。
それは、レア度ももちろん高額買取の要素の一つですが、需要の高いものは買い手もつきやすいので、安定した人気のあるものは買取相場として高くなるのです。
また、男性に比べて身につけるブランド品もポーチや小物入れなど幅広く、ダミエシリーズのミニ・ポシェットなどは、デザインの可愛らしさと実用面も優れていることから人気の高いシリーズと言えますね。

もし、これらのシリーズをタンスやクローゼットに眠らせたままということであれば、買取に出してみませんか?ヴィトン自体人気も高く、その上注目度の高いシリーズや定番のアイテムとなると、思わぬ査定額がつくことも!使わないで眠らせたままでは、この先ブランドとしての価値がどう動くかわからないため、今が売り時なものも多いのです。
レアなアイテムなどでは市場調査などをする必要があり、定番アイテムとは異なって安定していないことも多いのですが、査定額の一番高い店舗や買取実績のある店舗で買取を行うと良いですね。

・買取の際にはここに気をつける!

そして忘れてはいけないのが、買取価格を決める要素です!定番のアイテムで安定した人気があるものでも、使用状態やその他の状態で価格が大きく変わることも。
高額買取のために必要になるチェックポイントはこの二つです。

一つ目に、「買取相場」と呼ばれるもので、定価や柄、モデル、そして製造年などを加味します。
奇抜な限定カラーであっても市場調査の結果需要が低いものは買取価格も低くなりますし、定番のアイテムでも需要が高いものは高額買取につながることも多いのです。

二つ目に「商品の状態」です。
新品か中古か、中古であれば目立つ傷がついているかなど、商品の状態のほか、過去やギャランティーカードなどの付属品の有無も大きく査定に関わってきます。
ですので、付属品を保管しておくことはもちろん、落とせる汚れはあらかじめ落としてから買取に出す方が査定額がアップしやすいといったことは覚えておくと良いですね。
もちろん、無理に落とそうとして傷をつけたりすることもあるので、できる範囲内で行いましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


銀座ブランド買取店ランキング


注目記事

  1. 2018.03.19

    その刀、もしかすると名刀かも?

    日本文化を象徴する着物や神社、お寺や日本画など国内のみならず世界中のコレクターをうならせる名品たちの…
  2. 2018.04.13

    誕生石を身につけること

    リングやピアス、ネックレスと増えていくジュエリー・アクセサリーたち。ダイヤモンドや石を使用しない…
  3. 2018.04.27

    買取の際に知っておくべき金属のこと

    ブランドバックや靴、洋服を売却するならリサイクルショップよりブランド買取専門店での買取がお得ですよね…
  4. 2018.03.15

    知れば知るほど惹かれる「オーパーツ」

    テレビや雑誌、いろんな場所で様々な情報を得られるようになった現在は、技術力も向上しどんどん便利になっ…
  5. 2018.04.09

    大判小判の価値は高い?

    古いものは古いものとして、家のタンスや倉庫に眠っていてもそのまま、なんてことはありませんか?確かにた…