刻印の入った指輪って買取可能?

断捨離をしていると、着なくなってしまった洋服やサイズが合わない靴、何年か前に購入した限定もののバックなど様々なものがクローゼットから出てきますよね。
そのまましまっておいても使わないものはいっそのこと買取に出すのも一つ。
リサイクルショップやブランドものはブランド買取専門店と、それぞれのものに合う専門店で売却すると思わぬ値がついたりして、臨時収入を得られることも。
部屋もスッキリして一石二鳥ですね。
しかし、悩ましいのがペアで購入したリングや別れたパートナーとの結婚指輪や婚約指輪。
場所も取らないので思い出の一つとしてそっと仕舞っておくのも一つですが、手放せない理由に「刻印」があるのではないでしょうか?

・ブライダルジュエリーとしての指輪

まず刻印を入れるジュエリーと考えると一般的には婚約指輪や結婚指輪ですよね。
もちろん自分のイニシャルを入れたり特別なメッセージを込めることもあるかと思いますが、圧倒的に多いのがブライダルジュエリーを購入される時。

日本のみならず、世界各国で結婚の際に指輪を贈るという文化はあるのですが、いつ頃から始まった文化かご存知の方も少ないのではないでしょうか。
実は、ここ数百年の話ではなく、起源は紀元前1世紀頃まで遡るのです。
ですが、当時は売買婚が一般的で、現代のように両者の同意の元婚約・結婚をするのではなく「お金で妻を買う」ため、指輪は支払いの印として、妻ではなく、夫から妻の花嫁の父親に渡していたとされているのです。
今では二人の愛の証としての指輪ですが、同じ薬指にはめるものでも始まりの意味は異なっていたのです。

ヨーロッパで今のように指輪を贈り合う習慣が一般化したのは13世紀頃と言われており、そこから世界中へ広まったとされているのです。
ちなみに日本で結婚指輪が伝わったのは明治時代後半、贈り合う結婚指輪が定着したのは大正時代に入って西洋文化が馴染んでからと伝えられています。
日本ではまだまだ歴史が浅いのですね。

・刻印を入れた結婚指輪

そうした愛の証としての役割も持っている婚約・結婚指輪ですが、不変性や希少性がこれから続いていく結婚生活にふさわしいと、金やプラチナなどの高価な素材を使用しております。
宝石を留めるのであればダイヤモンドかルビー・サファイアなどの資産価値も高いものが一般的です。
もともとジュエリーは動産として所持していた歴史もあることから、結婚生活が解消されても価値を持っているはずなのですが、刻印が入っているとその価値が落ちると聞いたことはありませんか?

二人のイニシャルや付き合った、結婚した記念日、特別な言葉は誰でも需要があるものではありません。
二人だけのパーソナルなものであり、購入した時は何よりも特別感があるものですが、なんらかの事情で手放さなくなってしまった時やパートナーと別れた時、その特別感が後悔にもなるかもしれません。
刻印入りのジュエリーでも買い取ってくれるお店はあるのでしょうか?

・買取は可能なの?

結論から言うと、買取可能なお店はあります!理由の一つとして、リングはそのまま買取を行う場合と、金やプラチナだけを使用する買取があるからです。
前者の場合でも刻印は削ったりして消せるのですが費用がかかるため安くなったりします。
後者の場合は削る手間もないので単純に重さだけで買取価格を決めるお店も多いため、刻印があっても心配しなくて大丈夫なのですね。

ですが、オーダーメイドであったり、ハンドメイドブランドなどの知名度のないブランドだったりすると、その指輪の査定価格が低くなってしまうことも。
反対に人気のブランドであれば高額査定がつきやすいと言うことなので、買取専門店の買取強化ブランドや実績を参考にお店選びを行うと良いでしょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


銀座ブランド買取店ランキング


注目記事

  1. 2018.03.14

    タンスに眠る金をスピード買取で高く買い取ってもらうには?

    使わない指輪やネックレス、タンスの中やジュエリーボックスに眠ったままではありませんか?純金や小判、金…
  2. 2018.04.19

    トレジャーハンターの実態!

    宝を持ったまま沈んだ船や、海中に眠る黄金でできた建物、金銀財宝が隠された黄金都市など、宝や金に関して…
  3. 2018.03.21

    懐中時計のロマン!歴史や種類について

    今家の中ではなく外で時間を確認できるツールとして腕時計や携帯電話がありますよね。携帯電話は言わず…
  4. 2018.05.05

    ダイヤモンドの高額買取を狙うなら

    買取専門店といっても、ブランドバックや靴、洋服を買取してもらうだけのお店ではありませんよね。貴金…
  5. 2018.03.15

    知れば知るほど惹かれる「オーパーツ」

    テレビや雑誌、いろんな場所で様々な情報を得られるようになった現在は、技術力も向上しどんどん便利になっ…