ダイヤモンドの奥深さって?

ダイヤモンドはその輝きにいくつになっても胸をときめかせる女性は多いのではないでしょうか。
宝石には興味はないなんて男性も、ダイヤモンドは別という方もいらっしゃるかもしれませんね。
宝石は古来より富や権力の象徴とされてきましたが、ダイヤモンドも同じく人々に大切にされてきました。
しかし、私たちが知っているダイヤモンドは輝きが強い面をたくさんつけてカットされたダイヤモンドですが、このようなカットが発明されたのは300年前。
ダイヤモンドが紀元前にはすでに発見されていたことを考えるととても最近のことです。

・ダイヤモンドの硬さ

紀元前のダイヤモンドの発見から1730年代に新しい鉱山が発見されるまで、ダイヤモンドの主な産地はインドでした。
はじめて発見されたのもインドだったのですが、加工はおろかカッッティングの技術もない当時の人が見たダイヤモンドは、あまり輝かないただの石でした。
ではなぜダイヤモンドを大切にしたのかというと、ダイヤモンドのもつその「硬さ」だったのです。

ダイヤモンドもカットができるので何をしても壊れないというわけではなく、一定方向には弱い性質を持っているのですが、鉱物の中でも一番の硬度を持っています。
この硬さを讃え当時の人はアダマス、「征服し得ない力」を意味するギリシャ語をダイヤモンドのにつけたのでした。
これがダイヤモンドの語源となったのです。
加えて正八面体の結晶で産出するという珍しさも価値を高める一つの要因となり、ヨーロッパでははるか遠くのインドから渡ってきたということも神秘的な力をダイヤモンドに感じたのでした。

・ダイヤモンドのカット

今のダイヤモンドのカットは先ほども述べたように、300年前にベネチアのビンセント・ペルッチによって生み出されました。
「ラウンドブリリアントカット」という名で、ブライダルをはじめとして様々なジュエリーで使用されています。
ですが、このカットがダイヤモンドのカットの最初というわけではなく、試行錯誤を繰り返した後生まれたのです。

時は少し戻り、15世紀のヨーロッパでダイヤの研磨方法がはじめて発見されます。
今までその硬さしか価値がなかったダイヤに輝きを与えたのは、ベルケムという腕のいい宝石職人。
ダイヤモンドは硬いが一定方向には弱い性質を持っているとすでに述べましたが、この性質を利用したのです。
しかし、だからといって、ダイヤモンドに傷をつけることのできる鉱物はありません。
そこで彼が考えたのは一番硬い鉱物であるダイヤモンドでダイヤモンドを磨くということ。
正確にはダイヤモンドをパウダー状にした研磨剤なのですが、これではじめてダイヤモンドを綺麗に磨くということができたのです。

・カットの種類

カットが発明されてダイヤモンドの輝きが引き出されると、色石がメインであったジュエリーの主役がダイヤモンドにとって代わるように。
「ローズカット」や「ブリオレットカット」などのカットが誕生し、先ほども述べた輝きを最大限に取り入れたブリリアントカットが発明されたのでした。

現代ではダイヤモンドのカットはグレードを決める一つの指標であり、カラーやクラリティ、カラットと並んで4Cとされています。
そのカットとは異なり、ダイヤモンドの形を決めるカットもダイヤモンドの魅力の一つです。
ダイヤモンドは正円のラウンドだけでなく、楕円のオーバルカットやハートカット、角がある正四角形のプリンセスカットなどが挙げられます。
エメラルドのカット方法としてポピュラーなエメラルドカット、角を落とした四角形のクッションカットなど、数多くのカットがあるのです。

・ダイヤモンドの他の特徴

カットや輝きなど魅力の多いダイヤモンドですが、そのカラーバリエーションも豊富なのです。
透明やイエローの他、ピンクやブルー、ブラウンやレッド、そしてブラックなど全色あると言われているほど。
カラーダイヤモンドは透明よりも希少なものもあり、レッドやブルーなどが特に高価です。
このように、バラエティー豊富なダイヤモンドですが、鑑別が難しいと言われていることからも、買取の際には経験豊富な鑑定士が在籍しているお店を選ぶことが重要です。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


銀座ブランド買取店ランキング


注目記事

  1. 2018.05.05

    ダイヤモンドの高額買取を狙うなら

    買取専門店といっても、ブランドバックや靴、洋服を買取してもらうだけのお店ではありませんよね。貴金…
  2. 2018.04.11

    レアメタルは買取できる?どんなもの?

    レアなメタルというと、どんなものを想像するでしょうか?ゲームのキャラなどに登場してきそうなネーミング…
  3. 2018.05.27

    爽やかな青が人気のターコイズ

    天然に産出する地球のかけらとも言える宝石。鉱物の中でも希少で美しく、そして耐久性があるものを宝石…
  4. 2018.05.19

    どのブランドが高額買取になりやすい?

    ブランド品を高く売ろうと思うと何が重要でしょうか?購入した時についてきたギャランティーカードや箱など…
  5. 2018.04.30

    金相場の変動について

    みなさん金の買取と聞くとどんな印象をお持ちになるのでしょう。金の延べ棒を金庫にしまって財産の一部…