大判小判の価値は高い?

古いものは古いものとして、家のタンスや倉庫に眠っていてもそのまま、なんてことはありませんか?確かにただ古いだけのものもありますが、歴史的価値が認められるものもあります。
建築でも国の重要文化財に指定されているものはどれも年数が経っているものばかり。
「アンティーク」という言葉もあるように、時計やジュエリーなど様々なものがその価値を「古い」のに認められていることも。
歴史的価値のあるものも含まれ、陶器や絵画、掛け軸などももちろん、流通していた通貨もこれにあたります。
教科書や時代劇などでよくみる「大判」「小判」と呼ばれるものです。
実際に家系価値があったことはご存知だと思いますが、実は種類も色々あったってご存知ですか?

・大判や小判ができるまで

そもそも大判小判って現代の貨幣に直すとどのくらいのものなんでしょう。
その存在は知っていても、実際にはどのような種類、そしてどのように使用されていたのかまでは知らないことが多いのではないでしょうか?
大判は文字通り「大きな判」のことを指し、時代によって異なりますが重く大きなものでした。
今の小銭は大きなものでも500円、簡単に手のひらに収まることからもわかるように、この大判は流通には適したものではありませんでした。
その上とても高価だったので、一般的には使用されていなかったのです。
では全く使用されなかったのかというとそれも間違いで、大判は贈答用や褒美として使われることがほとんどだったのです。
あまり流通しない通貨をもらえるなんて、特別感もとても大きいですよね。

一方小判はというと、こちらは大判とは反対に流通を目的とした貨幣でした。
今の小銭に近い感覚ですね。
刻印が打たれており、これは価値も不安定にならないようにと配慮されたためでした。
この小判が流通するまでは、中国から輸入された渡来銭(とらいせん)や、金銀を使用した金判・銀判、質も価値も安定していない鐚銭(びたせん)などを使用していたため、小判の流入は貨幣価値を安定させました。
今となっては当然な貨幣の統一ですが、それを初めて行ったのが「天正大判」と呼ばれるもの。
皆様がよくご存知の豊臣秀吉によって作られた貨幣で、165gもの重さをもち、世界最大の金判というほど大きなものでした。

・有名な大判小判は徳川家康が生み出した?

大判小判の登場によって貨幣価値が安定したのですが、有名な大判小判として知られているのが「慶長大判・小判」ではないでしょうか。
1601年になると金貨の重さや名目が定められるなど国内の貨幣制度が統一されました。
これを行ったのが徳川家康です。
1600年には石見銀山や生野銀山、そして1601年に佐渡金銀山を直轄領とすることで、貨幣制度を整えるために金貨だけではなく銀貨も誕生したのです。
この時に発行された貨幣を、元号をとって「慶長」大判・小判としているのです。
慶長小判は金の純度が86%と高いことから、美しい山吹色をしていたとされています。
K18が75%の純度と考えると非常に高い割合ですね。
金の質も非常に良かったということもあり、慶長小判は現代においても有名であることだけでなく、その価値がとても高く評価されているのです。
買取などでも高額買取が叶うものですね。

・流通していた主な大判小判

1603年からはじまった江戸時代には、慶長大判・小判だけでなく、様々な貨幣が発行されるようになります。
大判は5種類、小判はその倍の10種類もの数です。
大判は「慶長」をはじめに「元禄」や「亨保」「天保」や「万延」。
そして小判も大判と同じ5種類に加えて「宝永」や「正徳」、「元文」に「文政」そして「安政」と手作業で仕上げられていたのです。
たくさんの量を発行するわけですから、同じ種類の大判小判でもどうしても手作業ならではのばらつきがあったのも特徴の一つです。
ですが、これは天保小判からは変化しました。
今までの手作業とは異なり、ローラーを使用できるようになったことで、金を均一に延ばすことが可能になったのです!そして、家光の時代には「寛永通宝」という銅貨を発行することによって、金・銀・銅貨が流通するようになったとされています。

・再び起こった不安定な貨幣価値

貨幣の統一、そして均一な貨幣の発行によって安定をもたらしていた江戸時代でしたが、財政がへ安定になっていくにつれてその価値も一緒に不安定なものへと変動していきました。
独自紙幣である「藩札」を財政難に陥った藩が独自に発行するようになったのがまず一つです。
こうした貨幣の増加が貨幣価値の不安定さを招き、他にも幕府が金・銀貨の質を落とすことでさらに拍車をかけることとなってしまったのです。

ですが、明治維新によって新時代に突入すると、貨幣制度はまた変化を迎えるのです。
両から現在の円に通貨が代わり、大判小判は使用されなくなりました。
貨幣価値がなくなったと言っても、金の配合量や歴史的価値に置いて、その価値を認める人は平成の世でも数多くいます。
江戸時代は貨幣がたくさん発行されたということもあり、もしかすると自宅に眠ってい棚や物置にあっても不思議なものではありません。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


銀座ブランド買取店ランキング


注目記事

  1. 2018.05.21

    ブランド買取ができるお店の違いについて

    技術の革新や向上、生活スタイルの変化によって便利なことが増えましたね。自分で何かをできるというこ…
  2. 2018.05.17

    K14って高く売れる?

    ゴールドは今も昔も人を惹きつけ、魅了するものですね。装身具としての人気も高く、男性女性問わずその…
  3. 2018.04.07

    謎多きシュメール人と金の関係とは?

    医療や医学、工学などが発展した現在では、数十年前にはわからなかったことや出来なかったことができるよう…
  4. 2018.05.09

    ブランド品の買取価格はどんな基準で決まるの?

    宝くじが当選したり、生粋のお金持ちでない限りは毎月ブランドバックや洋服を購入し続けるのって難しいです…
  5. 2018.04.30

    金相場の変動について

    みなさん金の買取と聞くとどんな印象をお持ちになるのでしょう。金の延べ棒を金庫にしまって財産の一部…