ブランド品はなぜ高い?

ルイ・ヴィトンやシャネル、エルメスやプラダなど世界中で愛されているハイブランドは街中でも雑誌でも日常で目にすることが多いものですが、どれも簡単に買い物に出たついでに買えるものではありませんよね。
よっぽど一目惚れなどをしない限りは計画的に購入をするものですが、ブランド品がなぜ高いのかご存知でしょうか?ブランドバリュー、つまり名前だけで高額になっていると考えられる方もいらっしゃるかもしれませんが、それだけに高額なお金を払う人ばかりか?と疑問を感じませんか?

・高額なのは名前だけ?

もちろんそのブランドが好きということで、細かいところはあまり気にせず購入する方もいらっしゃるでしょう。
ですが高額なのには理由があり、意識しなくともその理由に納得するから購入をする方も多いから、結果ブランドは長く愛されているのです。

その理由とは「素材」「技術」「縫製」「染色」「デザイン」など、すべてが一級品であるとうことです。
バッグや財布などを製造するにしても、良質な皮革やそのほかの素材を手に入れるために、世界各地から探し出しているという手間をかけています。
手頃な皮があるからつくろう、という思いつきでなく、デザインを一番良く見せる、ブランドにふさわしいもの出ないといけないからです。
また、その素材も生産数が少ないものを使用するとなれば、必然的に少量生産となり、値段が高価になるという必然性があるのです。
オーストリッチやクロコダイルなどが希少性の高い素材と言えます。

技術や染色、縫製に関しては幾年にもその職業に従事し、長年研究を重ねて培ってきた技術をもつ職人たちが駆使した品物は一点一点愛情がかけられているのです。
バッグ一つ作るにしても、それぞれの分野の職人がいて、何人もの手を経ることでやっと完成するのです。

その一級品を作るのにかかった手間や工数などを加味し、価格が制定されているのです。
ドレスなどもオートクチュール、つまり世界に一着しかないものになると、何十人規模の技術者が携わり、その価格も数百万から数千万円というのが当たり前な世界なのです。
ブランドの名に恥じない素材に対して真摯に向き合い、何人もが携わることで唯一のものとなります。

・ブランド戦略とは

ですがどれだけいいものを作っても何もしないままでは売れないまま。
それが続くと良いものを作り続けるのは難しくなります。
良い製品を生み出しそこで得た利益があるからこそ職人もブランドに携わる人も仕事ができる、そしてまた新しいものを生むという循環があるからブランドは成り立っているのですね。
そこでブランドが行うべきことはたくさんありますが、まず一つにブランドのイメージ戦略です。
イメージ戦略と聞くと堅苦しいイメージですが、意外と私たちに身近なものです。
例えば、ディオールは世界中のテレビ、雑誌などのメディア媒体で宣伝をしているのを見かけますね。
これらにかかる費用は広告費とし、この費用だけでも数億円という規模なのです。
この数億ものお金をかけて広めたブランド品は、100円や1,000円で売るのは難しいですね。
広告費が回収できないと広告を打つ意味がないからです。
数万円から数千万円の価値あるものを購入してもらえるよう最大限の努力をし、一級品ブランドとして購入してもらうこと。
安価ではない手に簡単に入らない価値の高さが、ブランドに対する購買意欲を高めていると言えます。
そんな一級品だからこそ、買取専門店では高額買取ができるのですね。
憧れだったバッグも毎日使用することで特別感がなくなっていくかもしれません。
いつか捨ててしまう消耗品だから雑に扱っても良いやという考えはもしかしたら損かもしれません。
少しの傷や汚れだけで査定金額が下がってしまうブランド品ですが、裏を返せば綺麗に扱えば扱うほど高額買取ができる可能性が高いものです。
タンスに眠らせておくのではなく、また捨ててしまうのではなく、自分が使わなくなったものでも誰かが愛情を持って使用してくれるかもしれません。
大切に思うブランド品だからこそ扱いに丁寧さがあると良いですね。
また、箱や袋、ギャランティカード、そして保証書などの付属品はその有無で数万円も査定額に影響してきます。
きちんと保管しておくようにしましょうね。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


銀座ブランド買取店ランキング


注目記事

  1. 2018.04.27

    買取の際に知っておくべき金属のこと

    ブランドバックや靴、洋服を売却するならリサイクルショップよりブランド買取専門店での買取がお得ですよね…
  2. 2018.04.21

    世界中が魅了される金

    黄金伝説、金の卵、海中に眠る金塊。金は現代でも価値のあるものとして売買されていたり、ジュエリーな…
  3. 2018.05.01

    売るなら質屋?買取専門店?

    苦労して手に入れたブランド品でも、長年使用して飽きてしまったり、可愛いと思って購入したものでも思って…
  4. 2018.04.03

    身近な場所にあるプラチナって?

    ゴールドやシルバーといった貴金属はジュエリーとして使用されているので、自分が付けていなくとも目にする…
  5. 2018.03.29

    実は身近なコランダム!!

    誕生石をあしらったジュエリーや結婚の記念にと贈られたジュエリーやアクセサリーは、普段から身につけるも…