買取価格が変わるのはなぜ?

ブランド品を売ろう、もしくは売った経験がある方ならわかるかもしれませんが、同じ商品であっても売る時期によって価格が変動します。
流行のものではない定番のものでも、査定で高い値がついてその時は売らなかったけれど、高値がついたこともあるしと思って買取に出すと前の査定額よりも劣るなんてこともあるのです。
買取価格が店舗によって異なるのは理解できますが、なぜ同じお店でも相場が変わることがあるのでしょう?

・流行が関係している?

海外の人からよく言われていることが「日本人はブランド好き」ということ。
洋服にこだわりを持たない人でも財布やバックはヴィトンであったりするのに違和感を感じるそう。
最近ではカジュアルなファッションにあえてのブランドバックという流行がありますが、その流行も日本ならではと言えますね。
年齢を重ねた婦人だけでなく、若い10代にまでブランド志向が強いのは独特に感じるということです。
また、日本人は流行に敏感、言い換えると流行に弱いところがあるとされています。
あるブランドのバックをみんなが持ち出すと一斉に流行りだし、同じような服装に同じブランドのバックという光景をよくみかけますね。
モデルや女優など、有名人が身につけているブランドもいち早く取り入れるのがオシャレとされているので、話題のモデルがブランドの広告塔として起用されることも多いのです。

こうした流行の真っ只中で購入したブランド品は、ブームがまだこれからという時や過熱している時に高値で買取が可能となっています。
しかし、難しいのがこのタイミングで、ブームの終わり頃になると買取専門店も買取強化を行っていないことも多く、安く買取を行われてしまうなんてことになるのです。
ブームが終わったばかりのものは流行に敏感な日本人女性にはもはや不要なものとされるためなのですね。
そうした流行のブランド品を高値で売りたい場合には、できるだけブームが最高潮となるまでに必ず売却するようにしたいものです。

・ブームの時に売っても高音がつかない理由

流行のブランド品を高く売りたい時に必要なことを述べましたが、実はこれは万全な策ではありません。
どういう落とし穴があるかというと、シューズ、リング、洋服などのアイテムには通用しないということです。
これらの共通点は、それもサイズがあるということ。
サイズがあることで買い手を限定してしまうことから、バックや財布などの小物に比べて高額買取に繋がりにくいといったデメリットがあるのです。
流行アイテムを買う時、もしそのブームの時にだけ楽しみたいと考えているのであれば、サイズがあるものの購入は控えた方が良さそうですね。

また、定番の品は相場が安定しているので価値が大きく変わることはありませんが、それはあくまで需要が高い状態であればということ。
定番は流行品と比べて人気のあるものですが、それもいつまでも続くとは限らないため、注意したいものです。

・高額買取に必要なこと

さて、定番品であっても限定品・流行品であっても高額買取に必要なものはまず付属品です。
購入した際についてくるギャランティーカードをはじめとして、梱包してあった箱やショップの袋、リボンや包装紙などもあれば良いですね。
そのため後々に買取専門店で買取を予定しているのであれば、これらの付属品は要保管です。
傷などつけないようにしましょう。
購入時の状態に近い形で持っていくことで査定額は上がります。
もちろん商品状態の良さも見られるので、バックはハンドル部分の汚れや表面のスレやキズがつかないようにしたいですね。
財布で行いがちなのが、ポケットに入れて形を崩してしまうということ。
あまり使用していなくとも変形したものは査定が低くなるので注意です。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


銀座ブランド買取店ランキング


注目記事

  1. 2018.03.19

    その刀、もしかすると名刀かも?

    日本文化を象徴する着物や神社、お寺や日本画など国内のみならず世界中のコレクターをうならせる名品たちの…
  2. 2018.04.21

    世界中が魅了される金

    黄金伝説、金の卵、海中に眠る金塊。金は現代でも価値のあるものとして売買されていたり、ジュエリーな…
  3. 2018.04.07

    謎多きシュメール人と金の関係とは?

    医療や医学、工学などが発展した現在では、数十年前にはわからなかったことや出来なかったことができるよう…
  4. 2018.04.15

    プラチナの刻印って何を示している?

    一般的にジュエリーなどに刻印があると聞くと、イニシャルや記念日、特別なメッセージが込められているもの…
  5. 2018.04.13

    誕生石を身につけること

    リングやピアス、ネックレスと増えていくジュエリー・アクセサリーたち。ダイヤモンドや石を使用しない…