K14って高く売れる?

ゴールドは今も昔も人を惹きつけ、魅了するものですね。
装身具としての人気も高く、男性女性問わずその黄金に輝く光は他にはないゴールドだけの輝き。
現在では金は現物資産としての人気も高く、需要に対しての供給が追いついていないため年々価格が上昇しています。
私たちが普段目にしたり手にとったりする身近な金はやはりアクセサリーが圧倒的。
その特別な性質から工業用にも使用されることもあるのですが、アクセサリーには耐久性が必要なので純金ではなく金合金に加工されます。
K18やK10はよく知っているなんて方も多いことでしょう。

・なぜ合金にすると耐久性が上がる?

基本的に、純金と呼ばれるものは柔らかく、肌と触れたり物に当たることの多いアクセサリーにはあまり向かないされています。
特に石を留めたりする時には、同じ金属でできた細い線のような「爪」と呼ばれるもので石を抑えないといけないため、強度が必要になってくるのです。
金と別のものを混ぜ、その混ぜ物は割金(ワリガネ)と呼ばれ、入れることで金の純度を下げます。
金は二十四分率を採用しているため、14/24になると約58%が金のK14または14金とされます。
K18やK10に比べてあまり聞かないかもしれませんが、貴金属の素材としてはK18よりも安価なので、ライトジュエリーやアクセサリーに採用されているのです。
刻印はリングだと内側に、ネックレスだと金具部分にある場合が多いので、金属の品位を調べる一つの指標にすると良いでしょう。
アクセサリーなどによく見かける刻印ですが、実は意外に多くの種類の刻印が施されており、よくわからない記号などがあると思います。
「14K」「K14」「14KT」「583」「584」「585」。
多いですがこれらはすべて「14金」を意味する刻印です。
しっかりとしたブランドは刻印をしていることが多いのですが、義務ではないため打たれていないこともありますので、ないからといってゴールでではないかはわからないので、早とちりしないようにしましょう。

さて、このように品位の種類によって金の純度が変わるゴールドは、K18は高級なイメージがありますが、K14はどうなのでしょう?

・偽物に注意!

K14はゴールドの比率が半分以上あるので、買取でも安く買い叩かれることはあまりありません。
しかし、重要なのはどこで買取を行うかということ。
割金をする目的として、硬さを出すためだけではなく、通常の金にはなかった色合いのものにすることも一つの目的とされているのです。
イエローゴールドが主流ですが、レッドゴールドや、グリーンゴールド、ピンクゴールドなども割金の比率が高くなれば同じグリーンゴールドでもK18とK14では色味に微妙な差が生まれます。
ブランドによっても独自配合されているのでカラーを選ぶ楽しさもありますが、イエローゴールドでないと売れないのでは?と心配になりますよね。
ですが、刻印をチェックしてみて先ほどの刻印があれば買取は変わらず可能なのです。

しかし、中には偽物の金も市場に出回っていることもあります。
先ほど刻印があれば安心としたのですが、偽物を制作し、さらに刻印を施して販売する悪徳な業者も存在するのです。
その刻印として使用されるのは基本的には、純度の高いK18などの刻印を入れることが多いのですが、あえてK14を打つということも増えてきています。
購入する際には信頼できるお店のみで購入することを心がけると良いですね。

・買取相場を提示してくれる優良店を見つけよう

そしてK14の買取ですが、買取相場を明示しているお店がベスト。
インターネットのページなどに買取実績や今の金相場が掲載されていると安く買い叩かれる危険性も低く安心ですよね。
買取専門店ではなく、リサイクルショップなどでも買取は可能ですが、金やプラチナ、ブランド品などに特化している専門店の方が査定も高額になりやすい傾向があります。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


銀座ブランド買取店ランキング


注目記事

  1. 2018.05.09

    ブランド品の買取価格はどんな基準で決まるの?

    宝くじが当選したり、生粋のお金持ちでない限りは毎月ブランドバックや洋服を購入し続けるのって難しいです…
  2. 2018.04.05

    黄金都市「シボラ」って?

    黄金という言葉は、その字面だけでも輝くまばゆさがありますね。それほど金というものは私たちの中でも…
  3. 2018.05.03

    買取価格が変わるのはなぜ?

    ブランド品を売ろう、もしくは売った経験がある方ならわかるかもしれませんが、同じ商品であっても売る時期…
  4. 2018.05.21

    ブランド買取ができるお店の違いについて

    技術の革新や向上、生活スタイルの変化によって便利なことが増えましたね。自分で何かをできるというこ…
  5. 2018.03.27

    ツヤの美しさは格別!ペリドットとは?

    夏といえば白の雲が浮かぶ青い空、何もかもを包むような青い海、爽やかさを連想させる白や青といったイメー…